リクらくの評判

リクらくの退会方法

更新日:

 リクらくの退会方法

20代から30代前半の若者の間で、今密かに人気になっている就活支援サービス、リクらく。

リクらくは「学歴、職歴がない状態でもホワイト企業の正社員へと転身を遂げることができる」と多くの人から支持を得ています。

しかし、実際に利用してみる前に退会方法を知っておかなければ、安心してリクらくを利用しづらいですよね。

そこで、今回はリクらくの退会方法を紹介します。

リクらくの退会方法

いろんな理由でリクらくを退会したいと考えたとき、簡単に退会できるのか、不安ですよね。

結論から言うと、リクらくを退会することは簡単にできます。

リクらくのホームページを見てみると、退会方法の手順や退会専用フォームがないことがわかります。

実は、リクらくを退会したい場合、以下のアドレスに退会したい旨を伝える必要があるんです。

info@rikuraku.net

リクらくの利用料が無料なのと同様に、退会する際にも特に料金がかかることはないので、安心して連絡してください。

また、もう一度リクらくを利用したいと思った場合も、問題なく再びリクらくを利用することが可能です。

すでに担当者がいて、担当者の連絡先を知っている場合は、担当者にもう一度リクらくを利用したいことを伝えてください。

あなたのことを知ってくれている担当者に再びついてもらえば、スムーズに再びリクらくを利用し始めることが可能です。

ただ、本当にリクらくを退会してしまって良いのか、今一度考えてみてください。

退会すると、リクらくに登録してあったあなたの情報が全て消去されてしまいます。

  • 職務経歴
  • 希望する業界
  • 希望する職種
  • 希望する社内の雰囲気

などなど…。

今まで担当者に伝えてあった就活に必要な情報が全てゼロになってしまうんです。

一度退会してしまうと、もう一度リクらくを利用する際に少し手間がかかる(もう一度上記の情報を登録し直す必要がある)ことは覚えておいてくださいね。

あなたがリクらくを退会したいときは、すなわちリクらくに不満があるときです

そこで、退会しなくともリクらくに対する不満を解決する方法を紹介しておくので、是非参考にしてください。

担当者が合わなかった

リクらくを退会したい理由が「担当者が合わなかった」というものだったら。

担当者を変更してみる手段で解決できます。

前回と担当者を変えたい場合は、上記のアドレスに正直に担当者を変更してほしいと伝えてみると良いでしょう。

担当者を変更してほしいことを伝える際は、以下のポイントを文章に盛り込むようにしてください。

  • 前回の担当者に対するお礼
  • 担当者を変えることで、別の視点で就活したいという希望

上記2点を書いてメールを送ることで、前回の担当者との雰囲気も悪くならず、もう一度リクらくを利用することができますよ。

紹介してもらった求人情報に不満があった

リクらくから紹介された求人情報がどれも満足行くものではなく、リクらくを退会したいという場合。

その場合は、まずはあなたの担当者に希望業界、希望職種をもう一度丁寧に伝えてみることをおすすめします。

もしかしたらどこかで意思疎通の不具合があり、あなたの担当者がなにか勘違いをしているのかもしれません。

就活支援サービスを利用するのであれば、担当者と二人三脚で就活を行うことは必要不可欠です。

あなたと担当者が同じ方向を向いていなければ、就活がうまくいくはずがないのです。

担当は自分の真意とは違うことを言っているよう感じるかもしれませんが、一応、担当者の言葉にも耳を傾けてみて、それから再度、あなた自身の意思を伝えてみてくださいね。

あなた自身と企業がマッチングするためにも、まずは担当者との意思疎通を大切にしてください。

その上で、どうしても自分が希望するような求人を紹介してもらえなかったら。

それはもう、仕方がないので、他の就活支援サービスを利用してみるのが良いでしょう。

全国には約18,000もの就活支援サービスがあります。

あなたと合う就活支援サービスは他にきっとあるはずです。

まとめ

以上、リクらくの退会方法を紹介しました。

リクらくは退会しようと思えば簡単に退会可能なので、安心して利用を始めてくださいね。

ただ、リクらくを一度退会してしまうと、先述したとおり、全ての情報が消去されてしまいます。

もう一度リクらくを始めてみたけれど、一から全ての情報を記入し直す羽目になって、手間がかかってしまったという声も聞きます。

リクらくを退会する際はよく考えてから実行するようにしてください。

-リクらくの評判

Copyright© リクらくネット , 2019 All Rights Reserved.