リクらくの評判

リクらくは30代でも使える?

投稿日:

リクらくは30代でも使える?

  • 正社員になりたいけど、就活動うまくいかない。
  • いつか真剣に就活しようと思いながらずっとフリーターを続けている。

そんな現実から目をそむけていませんか?

しかし、いい加減早く正社員にならなければ、それこそ永遠とフリーターという立場から抜け出せなくなってしまう可能性もあります。

リクらくは職歴学歴がない若者に対して、多くの求人情報を提供している今話題の就活支援サービスです。

ただ、この若者という点、いまいち分かりづらいですよね。

20代は若者だろうけど、30代はどうなんだろう…30歳を超えていてもリクらくの利用は可能なのか。

そんな不安を解決するために、今回はリクらくが30代でも利用できるのか、調査してみました。

リクらくは30代でも使える!

結論から言うと、リクらくは30代でも利用可能な就活支援サービスです。

確かに、20代のほうが求人数は多いし、内定確率が上がることは否めません。

しかし、30歳になると途端に求人がなくなり、リクらくが利用できなくなる、というバカげたことはありえないので、安心してください。

そもそも、29歳と30歳は20代と30代で分かれますが、その差はわずか1年しかありません。

たった1年という差で、人間の中身に大きな差が出るなんて、ありえないですよね。

リクらくの運営会社である、株式会社リクルートネットでは、以下のような説明文でリクらくの事業紹介を行っています。

リクルートネットでは20代をはじめ、多くの若年層の転職を専門にサポートするサービス「リクらく」を運営しています。これからの社会を担う若者に、より良いキャリア形成を手助けするような無料での各種支援、またこうした若年層の採用ニーズをお持ちの企業様へ、人材のご紹介を行っています。>

引用:RECRUITNET リクらく事業紹介文

確かに「20代をはじめ」という文言はありますが、「20代の若者」という断言はどこにも書かれていないんです。

実際、僕がリクらくに訪れたときも、明らかに僕より年齢が上だろうという人の姿も見られました。

彼はそこそこ笑顔で担当の方と話していたので、就活がうまくいっているか、あるいは、無事内定が出たのか…そんなような雰囲気だった記憶があります。

リクらくでは、年齢を理由に、訪れた人を門前払いするようなことは決してあり得ません。

「これからの社会を担う若者」に対して、「無料」で就活支援を行うこと。

それがリクらくのサービス内容であり、多くの求職者がリクらくへと足を運んでいる所以です。

30代だから…と年齢を理由にリクらくの利用を諦めてしまう、そんなもったいないことだけはしないでください。

正社員となって明るい未来を切り開きたいと本気で考えているのであれば、リクらくは30代であろうと暖かくあなたを受け入れてくれますよ。

ただし、30代後半になると就職は厳しくなる

リクらくは30代のフリーターに対しても優しく門戸を開いてくれている就活支援サービスです。

ただ、気をつけてほしいのが、「30代でもリクらくを利用できる」=「30代でもリクらくを利用すれば簡単に正社員の座を掴むことができる」という方程式は成り立たないことです。

当然のことですが、30代といっても年齢が上がれば上がるほどリクらくの求人情報の数は減ります。

具体的に言うと、30代前半ならセーフ、30代後半になると、いくら未経験者の就活に強いリクらくを利用しても、就活はかなり難航してくることは覚えておいてください。

実際、僕がリクらくで見た求人情報の多くは、学歴職歴不問でしたが、そのかわり「20代?30代前半」という年齢制限が設けられていた記憶があります。

世間一般では、30代後半、40代近い年齢になっての就活は、キャリアアップを目指した転職活動がほとんどです。

つまり、企業側としても、30代後半、40歳近い年齢の求職者に対しては何らかの実務経験をもち、即戦力となる人材であることを求める場合がほとんどなんです。

生ぬるく生きていけるフリーターの現状に甘えていると、就活をより厳しいものとし、自分の首を自分で締めてしまう結果になることを、忘れないでくださいね。

まとめ

以上、30代でもリクらくは利用できる、ただし、それでも30代前半まで。

30代後半になると、たとえリクらくを利用しても就活がかなり厳しいものになってくる、というお話でした。

僕自身もフリーターだったのでわかるのですが、フリーターってニートよりも現状から抜け出しにくい状況なんですよね。

フリーターはニートとは違い、生活できるだけのギリギリの収入を得ている状態です。

だからこそ「今すぐ正社員にならないと」という危機意識が薄いまま、あっという間に歳を重ねていってしまうパターンが多いんです。

(僕もそのパターンで、リクらくに足を運んだのは約10年間ほどフリーターとして生活した後でした)

軽い気持ちで10代でフリーターを始め、20代になり、気づけば30代に足を突っ込んでしまっている。

気づいたときには応募要件を満たす正社員登用がある求人数が全く見当たらない、なんて事態に陥っていることが非常に多いです。

先述したとおり、学歴職歴不問の求人を多数保有しているリクらくでも、30代後半での就職活動には厳しいものがあります。

30代前半であれば、リクらくを利用すれば、自分にぴったりと合った企業に正社員として入社できるチャンスをつかむことができるはず。

「思い立ったが吉日」という意識で、なるべく早く、リクらくの無料カウンセリングに予約してください!

思い切って行動することが、あなたの未来を大きく変えるきっかけになるはずです。

-リクらくの評判

Copyright© リクらくネット , 2019 All Rights Reserved.